2016年09月26日

路線バス 冬期時刻改正実施について

路線バス 冬期時刻改正実施について

改正後のページはこちらをご覧下さい。

●大館地区

(1)中谷地線:始発、終点の変更

・始発、終点を鳳鳴高校前から長根山運動公園前経由イオン大館へ変更。

・イオン大館店発▲6:45、7:45便はJR花輪線の到着時刻に合わせ、東大館駅前を経由。/span>

  ※イオン大館店へ延伸することによる買い物の利便性向上、JR東大館駅から大館桂桜高校までの通学の輸送を確保することを目的に変更。(▲は土曜日、日曜日、祝日運休)

(2)小坂線:始発、終点の変更

 ・始発、終点を長根山運動公園前経由東台四丁目から、鳳鳴高校前へ変更。

(3)鳳鳴高校前停留所の統一

 ・現在2ヶ所存在している鳳鳴高校前停留所について、大館税務署側を廃止し、鳳鳴高校グラウンド側へ統一。

これにより鳳鳴高校前停留所は始発、終点、経由すべて鳳鳴高校グラウンド前となります。


●北秋田地区

(1)鷹巣駅前〜七日市〜米内沢〜沖田面〜ダム入口間の路線再編

 ・路線バスの収支悪化に伴い、これまで直通運行していた鷹巣駅前〜ダム入口間の路線を米内沢を基点に鷹巣側とダム入口側で分けて運行。

直通運行していた南沢(2)線は廃止。鷹巣駅前〜米内沢間は現存の鷹巣線を増便して運行。

米内沢〜ダム入口間は系統を新設し、米内沢・ダム線として運行。<


(2)合川(3)線:運行回数の減便

posted by info@shuhokubus-gr.co.jp at 17:58| 新着情報